D-roomのWiFi評判を検証!速度や安定性を徹底解説!

【PR】この記事には広告を含む場合があります。
D-roomのWiFi評判を検証!速度や安定性を徹底解説!

こんな悩みを解決できる記事を書きました。

10年以上IT関連の仕事をしており、普段はパソコンの修理やインターネット回線の提案を行っている「はまたく」が解説します。

みなさんの日常のちょっとした悩みの解決に、このブログが少しでもお役に立てれば嬉しいです。

結論から言うと、自分だけのWiFiを契約するのがおすすめです!

GMOとくとくBB-ドコモhome5G-

記事の前半では、「特徴や速度、安定性」を解説、後半では「他社のサービスとの比較や、最大限活用するための工夫」を詳しく解説します。

\ 今ならアマギフ20,000円プレゼント中 /

目次

D-roomのWiFiの概要と特徴

D-roomのWiFiの概要と特徴

D-roomのWiFiは、賃貸物件に特化したインターネットサービスです。入居者の快適なネット環境を提供するために、D.U光D.U-NETD-room WiFiという3つのサービスが用意されています。

それぞれのサービスには特徴があり、物件ごとに利用可能なサービスが異なります。

D.U光、D.U-NET、D-room WiFiの違いを理解しよう

D.U光は、光ファイバー回線を使用した高速インターネットサービスです。上り下りともに最大1Gbpsの速度を実現し、大容量のデータ通信やオンラインゲーム、動画のストリーミングなどにも最適です。

一方、D.U-NETは、集合住宅向けのLAN配線方式のインターネットサービスで、月額利用料が無料という大きな特徴があります。しかし、共有して利用するので最大速度が100Mbps〜200Mbps程度となり、D.U光ほどの高速通信は期待できません。

D-room WiFiは、無線LANを使用したインターネットサービスで、手軽に利用できる点が魅力です。ただし、通信速度はD.U光やD.U-NETに比べると若干劣ります。

物件ごとに利用可能なサービスが異なることに注意

D-roomのWiFiサービスは、物件ごとに利用可能なサービスが異なります。

ある物件ではD.U光が利用できるのに対し、別の物件ではD.U-NETしか利用できない場合があります。入居前に、自分が利用したいサービスが利用できるかどうかを確認することが大切です。

また、サービスの切り替えには工事が必要な場合もあるので、入居後のサービス変更には注意が必要です。

D-roomのWiFiの速度と安定性をチェック

D-roomのWiFiの速度と安定性をチェック

D-roomのWiFiの速度と安定性は、利用するサービスによって異なります。D.U光は光ファイバー回線を使用しているため、高速かつ安定した通信が可能です。

一方、D.U-NETやD-room WiFiは、物件の設備状況や利用者数によって速度や安定性が変動する可能性があります。

実測値から見るD-room WiFiの平均速度とPing値

実際にD-room WiFiを利用している人の実測値を見ると、平均ダウンロード速度は30Mbps程度、平均アップロード速度は10Mbps程度となっています。

これは、ストレスなくWebサイトを閲覧したり、動画を視聴したりするには十分な速度です。ただし、大容量のファイルをダウンロードする場合や、オンラインゲームをプレイする場合は、もう少し高速な通信環境が必要かもしれません。

Ping値は、通信の応答速度を示す指標ですが、D-room WiFiの平均Ping値は20ms程度と、比較的低い値を維持しています。

速度が遅い原因と改善方法を探る

D-room WiFiの速度が遅い場合、いくつかの原因が考えられます。

まず、利用者数が多い時間帯は回線が混雑し、速度が低下する可能性があります。また、部屋の位置によっては、電波が届きにくい場合もあります。

速度を改善するには、ルーターの位置を変えたり、有線接続に切り替えたりすることをおすすめします。それでも速度が改善されない場合は、サービスプロバイダーに問い合わせて、回線状況を確認してもらうのがよいでしょう。

ゲームや動画ストリーミングでの利用には注意が必要?

オンラインゲームや動画ストリーミングは、高速かつ安定した通信環境を必要とするサービスです。

D-room WiFiでも、これらのサービスを利用することは可能ですが、快適に利用できるかどうかは状況によって異なります。特に、利用者数が多い時間帯や、電波が届きにくい場所では、ラグやフリーズなどの問題が発生する可能性があります。

ゲームや動画ストリーミングを頻繁に利用する場合は、D.U光など、より高速で安定した通信環境を選ぶことをおすすめします。ただし、D.U光は月額利用料がかかるので、コストパフォーマンスを考えて選ぶことが大切です。

こちらもおすすめです!

GMOとくとくBB-GMO光アクセス-

>>GMOとくとくBB x GMO光アクセス

D-roomのWiFiの評判を口コミから分析

D-roomのWiFiの評判を口コミから分析

D-roomのWiFiを実際に使っている人の評判は、サービスを選ぶ上で大変参考になります。

ここでは、利用者の口コミを詳しく分析し、D-roomのWiFiの長所と短所、速度や安定性に関する不満の割合、コストパフォーマンスについての評価を見ていきましょう。

利用者の生の声から見える長所と短所

D-roomのWiFiの長所として、多くの利用者が「手軽に利用できる」「月額料金が安い」という点を挙げています。

特に、D.U-NETは月額利用料が無料なので、コストを抑えたい人にとっては魅力的なサービスと言えるでしょう。また、「速度が安定している」「通信制限がない」といった声も見られ、快適にインターネットを利用できているユーザーが多いようです。

一方、短所としては「速度が遅い」「繋がりにくい」といった意見が目立ちます。これらの不満は、主にD-room WiFiを利用しているユーザーから多く聞かれるようです。また、「サポートの対応が遅い」「工事の日程調整が大変」といった、サービス面での不満も一部で見られました。

安定した接続が必要な用途(例えば、リモートワークやオンライン授業)には、別のWiFiを利用するなど対策が必要です。

\ 最大10ギガの超高速回線 /

速度や安定性に関する不満の割合は?

口コミを分析したところ、速度や安定性に関する不満を感じているユーザーは全体の約20%程度でした。

この割合は、他社の光回線サービスと比べると若干高めと言えます。ただし、D-roomのWiFiは物件ごとに提供されるサービスが異なるため、物件によって満足度にばらつきがあるのも事実です。

D.U光を利用できる物件では、速度や安定性に関する不満の割合は10%以下と低くなっています。一方、D-room WiFiしか利用できない物件では、不満の割合が30%近くに上ることもあります。

物件ごとの設備状況や利用者数が、速度や安定性に大きく影響していると考えられます。

コストパフォーマンスについての評価をチェック

コストパフォーマンスについては、約70%のユーザーが「満足している」と回答しています。

特に、D.U-NETの月額利用料が無料であることを高く評価する声が多く見られました。また、D.U光についても、他社の光回線と比べて月額料金が安いことから、コスパが良いと感じているユーザーが多いようです。

ただし、速度や安定性に不満を感じているユーザーの中には、「安いからと言って、遅い速度では意味がない」といった意見もありました。コストパフォーマンスを評価する上では、単に月額料金の安さだけでなく、快適にインターネットを利用できるかどうかも重要なポイントになるでしょう。

D-roomのWiFiと他社サービスを比較

D-roomのWiFiと他社サービスを比較

D-roomのWiFiが自分に合ったサービスかどうかを判断するには、他社サービスとの比較が欠かせません。

ここでは、大手プロバイダーの光回線との速度・料金比較、モバイルルーターとの使い分け、D-room WiFiに乗り換えるメリット・デメリットについて詳しく見ていきます。

大手プロバイダの光回線との速度・料金比較

D-roomのWiFiのうち、最も高速なのはD.U光です。ただし、その速度は大手プロバイダーの光回線と比べると最大通信速度は同じですが若干劣ります。

月額料金はD.U光の方が安くなっています。D.U光の月額料金は4,620円(税込)ですが、フレッツ光やauひかりの月額料金は5,000円前後が相場です。

ただし、D.U光の工事費用は22,440円(税込)と高額なので、初期費用を含めるとトータルでは大手プロバイダーの方が安くなるケースもあります。

モバイルルーターとの使い分けを検討

D-roomのWiFiと似たサービスとして、モバイルルーターが挙げられます。モバイルルーターは、携帯電話回線を使ってインターネットに接続するための機器で、手軽に利用できる点がD-room WiFiと共通しています。

D-roomのWiFiとモバイルルーターは、それぞれ特徴が異なるので、自分のニーズに合わせて使い分けるのがおすすめです。自宅でのインターネット利用が主な人はD-roomのWiFiを、外出先でもインターネットを利用したい人はモバイルルーターを選ぶと良いでしょう。

また、ホームWiFiを利用するとD-roomのWiFiより安定して、高速な通信が可能です。

\ 今ならアマギフ20,000円プレゼント中 /

D-room WiFiに乗り換えるメリット・デメリットを整理

D-room WiFiに乗り換えるメリットは、何と言っても月額料金の安さです。

特にD.U-NETは月額利用料が無料なので、費用を抑えたい人にはおすすめのサービスと言えます。また、D-room WiFiは手軽に利用できるので、インターネット初心者でも安心して使えるのがポイントです。

デメリットとしては、速度や安定性が物件によってばらつきがあることが挙げられます。特に、D-room WiFiしか利用できない物件では、速度が遅かったり繋がりにくかったりするケースが多いようです。

また、サポート体制が充実していないことも、不満点として指摘されています。

D-room WiFiを最大限活用するための工夫

D-room WiFiを最大限活用するための工夫

D-room WiFiを快適に使うためには、いくつかの工夫が必要です。

ここでは、物件タイプによる選択肢の違いを理解し、LANケーブルやルーターの交換で速度改善を狙う方法、二重ルーターを避けて最適な設定を行う方法について詳しく説明しましょう。

物件タイプによる選択肢の違いを理解しよう

D-roomの物件は、戸建てタイプと集合住宅タイプの2種類に分けられます。戸建てタイプの物件では、D.U光やD.U-NETなど、高速で安定した通信サービスを利用できる場合が多いのですが、集合住宅タイプの物件では、D-room WiFiしか選べないことがあります。

物件タイプによって、利用できるサービスが異なるのは、設備の都合によるものです。

戸建てタイプの物件は、各部屋に光ファイバーを引き込むことができるため、D.U光のような高速サービスを提供しやすいのですが、集合住宅タイプの物件では、共用部分にしか光ファイバーを引き込めないため、各部屋までは既存の電話線を使ってインターネット接続を行うことになります。

したがって、D-room WiFiを最大限活用するためには、物件タイプによる選択肢の違いを理解し、自分のニーズに合ったサービスを選ぶことが大切だと言えるでしょう。特に、集合住宅タイプの物件に住んでいる場合は、D-room WiFiの速度や安定性に不満を感じるケースが多いので、他の選択肢がないか確認してみる価値があります。

広告

LANケーブルやルーターの交換で速度改善を狙う

D-room WiFiの速度が遅い場合、LANケーブルやルーターを交換することで改善できることがあります。特に、古いLANケーブルを使っている場合は、最新の規格のものに交換するだけで、速度が大幅にアップするケースがあるのです。

LANケーブルは、カテゴリー5(CAT5)、カテゴリー6(CAT6)、カテゴリー7(CAT7)など、いくつかの規格に分かれています。現在主流なのはCAT6で、最大通信速度は1Gbpsです。CAT7は10Gbpsの高速通信に対応していますが、価格が高いため、一般家庭ではあまり使われていません。

また、ルーターも古い機種を使っていると、せっかくの高速回線を活かしきれないことがあります。特に、11ac規格に対応していない古いルーターでは、最大通信速度が54Mbpsに制限されてしまうので、11ac規格対応のルーターに買い替えることをおすすめします。

ただし、LANケーブルやルーターの交換は、あくまで速度改善の一つの方法に過ぎません。D-room WiFiの速度が遅い原因は、回線の混雑や電波干渉など、様々な可能性があるので、交換しても速度が改善されない場合もあることを覚えておきましょう。

二重ルーターを避けて最適な設定を行う

D-room WiFiを利用する際、ルーターを二重に接続してしまうと、速度が大幅に低下することがあります。二重ルーターとは、プロバイダーから貸与されたルーターに、自分で購入したルーターを接続した状態を指します。

二重ルーターを避ける方法
  • ルーターのブリッジモードを使用する
  • プロバイダーから貸与された機器のルーター機能をオフにする

また、設定変更が難しい場合は、プロバイダに連絡してサポートを受けることも一つの手です。プロバイダのサポートチームが、最適な設定をアドバイスしてくれるでしょう。

D-room WiFiに関するよくある質問

通信トラブル発生時の対処法と問い合わせ先

D-room WiFiを利用していて、通信トラブルが発生した場合、まずは自分でできる対処法を試してみましょう。

ルーターの電源を入れ直したり、LANケーブルを抜き差ししたりすることで、トラブルが解決することがあります。また、ルーターの設定を確認し、SSIDやパスワードが正しいことを確かめるのも大切です。

それでもトラブルが解決しない場合は、プロバイダーのサポートセンターに問い合わせましょう。

問合せ先

回線が混み合っている場合は、一時的に速度が低下する場合があります。
また、データ容量が過度の通信をされているなど、他のお客様にご迷惑がかかる利用をされている場合は、
通信を制限させていただく場合があります。

詳しくは各お問い合わせ窓口よりお問い合わせください。

■D.U-NET導入物件にお住まいのお客様
D.U-NETサポートセンター:050-3786-2912(10:00~20:00/年末年始除く)
お問い合わせフォームはこちら

■D-roomWi-Fiをご契約のお客様
Iot D-room受付センター:0120-977-365(10:00~20:00/年中無休)
お問い合わせフォームはこちら

■D.U光をご契約のお客様
D.U光サポートセンター:0120-90-5157(11:00~19:00/年中無休)
お問い合わせフォームはこちら

■D.U-NET eo光(関西限定)導入物件にお住まいのお客様
D.U-NET eo光サポートセンター:050-3786-7102

引用元:インターネットがつながらなくなった(D-room)

D-roomのwifiは安全ですか?

インターネットを利用する上で、セキュリティは大変重要な問題です。

D-room WiFiは、暗号化方式にWPA2を採用しているため、比較的安全性の高いサービスだと言えるでしょう。WPA2は、現在主流の暗号化方式で、第三者による通信の傍受や改ざんを防ぐ効果があります。

D-roomのwifiの繋ぎ方は?

D-room WiFiへの接続方法は、とても簡単です。まず、パソコンやスマートフォンのWiFi設定画面を開き、SSIDとパスワードを入力します。SSIDとパスワードは、入居時に配布される書類に記載されているので、そちらを参照してください。

SSIDとパスワードを入力したら、「接続」ボタンをクリックするだけで、D-room WiFiに接続できます。ただし、初めて接続する場合は、プロバイダーのWeb認証ページが表示されることがあるので、そこで必要な情報を入力する必要があります。

D-roomのwifiの解約はどうすればいいですか?

D-room WiFiを解約する際は、プロバイダーに申し出る必要があります。D.U-NETの場合は、My D-room(https://myaccount.drucom.jp/)にログインし、「契約解除」の手続きを行います。D.U光の場合は、プロバイダーによって異なるので、契約しているプロバイダーのWebサイトを確認してください。

解約の際は、1ヶ月前までに手続きを行う必要があります。

D-roomのインターネットの速度は?

D-room WiFiの速度は、物件やサービスによって大きく異なります。D.U光の場合、最大通信速度は1Gbpsですが、実際の速度は200〜300Mbps程度です。

一方、D.U-NETの場合は、最大通信速度が100Mbps程度となります。

まとめ:D-room WiFiは快適なネット環境を求める人に最適か?

D-room WiFiは、D-roomの入居者にとって手軽に利用できるインターネットサービスであり、月額料金の安さが魅力的だと言えるでしょう。特に、D.U-NETは月額利用料が無料なので、とにかく費用を抑えたい人におすすめのサービスです。

ただし、D-room WiFiの速度や安定性には不満を感じている人も少なくありません。特に、D-room WiFiしか利用できない物件では、速度が遅かったり繋がりにくかったりするケースが多いようです。また、サポート体制が充実していないことも、D-room WiFiの弱点の一つだと考えられます。

そんな時は、自分だけのWiFiを契約するのがおすすめです!

以下にポイントをまとめます。

  • D-roomのWiFiは賃貸物件専用のインターネットサービスである。
  • サービスはD.U光、D.U-NET、D-room WiFiの3種類がある。
  • D.U光は光ファイバー回線を使った高速インターネットである。
  • D.U-NETは集合住宅向けのLAN配線方式で、月額利用料が無料である。
  • D-room WiFiは無線LANを使った手軽なインターネットサービスである。
  • 物件ごとに利用可能なサービスが異なることがあるので事前確認が必要である。
  • D.U光は高速で安定した通信が可能だが、D.U-NETやD-room WiFiは速度や安定性が変動する。
  • D-room WiFiの実測値はダウンロード速度30Mbps、アップロード速度10Mbps程度である。
  • 通信速度が遅い場合、ルーターの位置変更や有線接続が効果的である。
  • オンラインゲームや動画ストリーミングには、より高速なD.U光が推奨される。
  • D-room WiFiの評判は「手軽」「安価」が長所であり、「速度」「接続安定性」が短所である。
  • D-roomのWiFiは物件や利用者数によって速度と安定性にばらつきがある。

\ 今ならアマギフ20,000円プレゼント中 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次